再見の映画たち

 

10代や20代のときに見た映画を30代後半になったいま見返すと違った印象で新鮮な気持ちで見ることができます

(映画じゃなくても音楽や本でもそうですが、)

 

ダンサーインザダーク

 

 

専門学生でしたが当時はたしか「映画通、サブカル学生はこういう映画をみるんだぜ」という雰囲気がありまして(たぶん)

通ぶっていましたが20歳そこそこの私には「がーん」という印象しか残らなかったのを覚えています(笑)

 

最近、再見しました。

おそらく結末を知っていて心構えがある、というだけかもしれませんが(多分そうですが)

まあ、それぞれ事情もあるんだな〜という謎の感想も持ちまして

全員悪人というイメージが(相当ショックだったんでしょうね)あったのですが見方も変わりました。

でも「がーん」も結局しましたけどね

 

 

「映画通、サブカル学生はこういう映画」と言えば

キューブリックも流行ったんですよね。

よくわからんが「オシャレ学生は当たり前に見るぜ」と。

 

 

時計じかけのオレンジ、2001年宇宙の旅、フルメンタルジャケット

改めて見るととてつもなく面白いのですね。

当時は何を見てたんだろう。

 

 

 

トレインスポッティングもその一つ

 

20170219124620.jpg

 

この当時はまだ高校生だったか。ポスターも部屋に貼っていたのも覚えています

 

20170316154818.jpg

 

続けて2もみました。

 

 

あ、あとタクシードライバー

 

taxi_driver.jpg

 

こんな感じだったけ!?

とにかくデニーロかっこいい

 

 

そうそう、「となりのトトロ」は見るたびに良くなってきます(笑)

もはや捨て場面、台詞なし!

宮崎駿ってやばいんだな〜と実感します

 

 

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://soedar.jugem.jp/trackback/1222
<< NEW | TOP | OLD>>