カラーやパーマ後のホームケア

 

パーマやカラーの施術後の一週間は髪の毛をできるだけ丁寧に扱ってください

とお伝えしています。

 

髪の毛への刺激を抑えるという事です。

濡れたままにしないとか絡まっても櫛で無理にとかさない。

以前はシャンプーも控えて。と言われていたようですが、

確かに濡らすのもドライヤーも刺激になるので控えるのもいいかもしれません。

 

というのは

髪の毛の一番いい状態強い状態がph4.5~5.5(等電点)の弱酸性。

パーマやカラーの薬剤はph10とかその辺までアルカリ性に傾けていき

髪の毛を膨潤、結合を切って施術します(まあ表面も内部もユルユル グデグデな状態)

 

施術後半でなるべく等電点に戻そうとしていますが

その時にはまだいい状態には戻らず

施術直後の髪の毛はまだやや不安定な状態であります

 

それが一週間をかけて自然酸化でいい状態まで戻ります

その一週間に髪に刺激をいかに与えないかでパーマやカラーの持ちやダメージに影響すると思います(個人差はあるでしょうが)

上記でも書いた通り

シャンプー、ドライヤー、無理に櫛でとかす等々 気をつけましょう

一週間だけでもシャンプー剤をマイルドなもの(ビカイキsdオススメっす)にするだけでもいいと思います

 

「丁寧に」というのは まあ とりあえずは自分の思う最大の「優しく扱う」でいいです。

施術後一週間は皮膚が薄皮一枚な状態、外的な刺激に弱い状態。ワニに皮を剥がされた因幡の白兎と思ったら優しく扱いますね

ちょっと怖いですけどね

 

 

ちなみに

ヘアサロンsoeで扱う「香草カラー」は仕組みが違うので神経質にならなくてもよいです

ダメージはほぼないでしょう。

 

 

ちなみに

石鹸シャンプーはどうなんですかね

石鹸はアルカリ性で働くので、ちょっと疑問です

たしか以前に業者さんにそのような事を質問したら問題無い!といっていましたが。。

そのアルカリ性とこのアルカリ性は違う。とかいってたかな。

すみません、これはポリシーもあると思うのでなんとも言えません。

 

 

 

つづく。。

 

ヘアケアを考えよう comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://soedar.jugem.jp/trackback/1182
<< NEW | TOP | OLD>>